横浜の不動産買取・売買査定業者を比較ランキング形式でご紹介!【家・土地・建物用地・マンションなどの売却におすすめ!】

不動産買取が可能な物件の種類とは?買取できない物件はある?

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/04/25

不動産の買取価格については、さまざまな条件により大きく変動することもあります。

その後に生じるであろうメリットやデメリットについてきちんと把握した上で判断することが肝心です。

しかし素人が建物や土地の価格について正確に理解できるわけがありません。

そこで親身になってサポートしてくれるパートナーの存在が大きく影響します。

 

買取価格をアップさせる条件とは

横浜は女性に人気のお洒落な店舗がいくつも建ち並ぶ場所があるかと思えば、自然に恵まれた場所が数多く点在する魅力的な地域です。若者だけでなく、幅広い年齢層から人気を集めています。この横浜で不動産買取を考えている人はとても多いです。

それだけに安易な考えで話しを進めてしまうと損をするだけでなく、思わぬトラブルの原因を招きかねません。不動産買取において、その仕組みを理解することは大変重要です。後で後悔することのないよう時間をかけてきちんと学んでいきましょう。

不動産の買取には、即時買取と買取保証の2種類があります。即時買取では、業者による調査で価格が決まり次第直接買取ってもらえますが、市場価格より安めになります。できるだけ早く現金が必要な人にはメリットがある方法です。

一方、買取保証では販売活動を一定期間行うことで、市場価格に近い価格で売却できる可能性があります。そして買取対象となる一戸建て住宅やマンション、土地などの不動産は、その種類や条件により買取価格が大きく変わってきます。

まず一戸建て住宅で高額査定を得るには、築年数が浅く日当たりが良いことが条件です。一戸建て住宅は、後から手を入れられる部位も多いことから何らかの対策を講じられるのが強みです。そして地盤沈下があれば建物の基礎部分に亀裂などが見られるので見逃してはいけません。更にソーラーパネルや駐車場が付いていればプラス要因になるでしょう。

マンションでは修繕積み立て金や共用部分の衛生状況、管理人の有無がポイントになります。しかし集団生活の場ということもあり、自分ではどうすることもできない部分も多々あります。壁や床のキズなどについて、目立つ部位だけでもリフォームしておくことで、査定に好影響を与えられます。

そして土地については、変形地ではなく四角形であることや高低さがない方が高い評価を受けるようです。

このように高額買取を実現するために配慮すべき点は、各不動産の種類によって違います。しっかり把握しておきましょう。

 

買取価格が極端に低い不動産

不動産の中には買取り価格がはじめから低価格に設定されてしまう物件やそもそも買取りに向かない物件が数多くあります。それは老朽化が激しい建物や部分的に壊れている箇所がある建物です。

更に一般の不動産と同様に扱うことができないものも存在します。再建築不可がネックとなり資産価値を殆ど認めてもらえない物件です。

建築基準法が施行される前から建っていた建物については問題となることはありませんが、更地にしてしまうと再建築できません。4m以上の道路に2m以上の接道がない土地に建てられた建物がそれに当てはまります。

このような再建築不可物件は、銀行や金融機関での住宅ローンも断られることが多いです。不動産の購入は住宅ローンを組んで購入する人が殆どなので、何処に相談しても売却に至らないケースが殆どです。

当然ながら金融機関は返済が滞れば、不動産を売って代金を回収しますが、建物が建てられないのでは担保価値を低く見られてもしかたありません。もし災害などで倒壊しても再建築できないのですから、住人は住む場所を失うというリスクもあります。

このような家を建てられない上に接道が狭く、自動車も入ることができないような物件では購入したいと考える人はまずいないでしょう。例え売れたとしても近隣の同じ広さの物件と比べ半値以下となることも珍しくはないです。

これ等の理由から建物を建てること以外を利用目的とする人を探すしかなくなります。しかし再建築不可という特殊なものでも、やり方によっては売却できる可能性もあります。

それは建物の大規模な改修を行うことで賃貸物件や外国人向けの宿泊施設として利益を生み出させるという方法です。中でも周囲に企業や学校などが多く、賃貸需要がある程度見込まれる地域や交通の便が良い地域であれば、更なる利益も期待できます。

そして周辺に大きなスーパーや駅ができるなどの予定があるかもしれません。そのような場合には、隣の土地に住んでいる人が土地の取得に興味がある可能性もあります。もしそうなれば、その土地の価値は大きく変わることもあるので、声をかけてみるのも得策です。

 

信頼できる優良業者への依頼が必要

不動産の買取についてある程度知ることができたら、今度は信頼できる会社探しをはじめましょう。不動産の売買をするには宅地建物取引業の免許が必要です。

まず基本事項として免許証番号を確認して名簿を閲覧します。これで過去の処分履歴までチェックしておけば、悪徳不動産との取引をシャットアウトできます。

そして各不動産会社によって得意な分野があるので売却を希望するなら、売買物件の契約をまとめられるだけの実績があるか確認しておくことが大切です。しかも一戸建て住宅やマンションなど物件の種類によっても扱う数に差があります。

そして買取が困難な種類の物件でも決して諦めてはいけません。それ相応の対策を講じたり独自のルートを用いることで対処できる業者もいるので、粘り強く業者探しを続けましょう。

中には極端に高額な額を提示してくる業者もありますが、単に契約を取りたいだけの可能性があります。そのような業者はできるだけ避けた方が無難です。

更に査定額について納得のいく説明がなされるかも大切です。その際、税金などについての質問を投げかけてみるのも良い方法です。優良な営業スタッフなら丁寧に詳しい説明をしてくれるでしょう。

そして大手の不動産会社と中小の不動産会社のどちらを選んだらよいか迷う人も多いです。実際、大手なら信頼性において安心できる部分もあります。

しかし小さな会社でも地域密着で営業活動を続けている頼れる業者が多数存在します。会社の大きさにこだわらず、実績で選ぶことが必要です。できるだけ多くの業者を比較するためにも、無料で複数の業者へ一括査定の依頼ができるサイトを利用するのも便利です。

それでも依頼する業者を決められない場には、最終的な判断材料として口コミサイトや人気ランキングサイトを利用してみるのが得策です。上位にランキングしている業者を中心に口コミサイトでの評判を小まめにチェックしていきます。

口コミサイトでは、実際に横浜で不動産の買取を依頼した人の体験談を知ることができるので参考になります。

 

不動産の買取を希望する人は表面上の利益に囚われてはいけません。まずは不動産に関する基本的な知識などを学んだ上で業者選びをはじめましょう。

中には低価格でしか査定されない種類の不動産もありますが、そのような不動産でも柔軟に対応できる業者もいます。業者選びはインターネットを活用しながら一括査定サイトや口コミサイトなどを利用するのが得策です。

これ等のサイトなら各業者の評判について簡単に知ることができるからです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
横浜の不動産買取業者ランキング!
記事一覧