横浜の不動産買取・売買査定業者を比較ランキング形式でご紹介!【家・土地・建物用地・マンションなどの売却におすすめ!】

不動産買取の再版とは?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/05/08

不動産会社が中古物件を買取し、その後、リフォームなどを加えてから再び売り出すという不動産の販売方法があります。この方法はすでに手を加えて、水回りや内装などを新しくした物件を販売することになるので、中古物件をそのまま販売するよりも買い手が付きやすいというメリットなどがあります。

古くなった物件を売る方法がある

不動産買取の再販とはすでにある不動産物件を買い取って、リノベーションやリフォーム工事を施した後に再び販売をするスタイルの不動産の売却方法になります。この方法であれば、なかなか古くて買い手が付きにくい不動産物件もよみがえらせることで魅力的な物件になり、売れやすくなるといったメリットがあります。

基本的に不動産を販売する場合は、できるだけ早いタイミングで高い価格で売れることが理想的ですが、実際にはそうした形でうれることはなかなか簡単ではないといわれています。

その理由は、中古物件は建物が古くなって傷んでいたりすることや外観などが今はやりのデザインでなく、購入したい人がなかなか現れ肉からといわれます。そのようなケースの不動産を買取して内装や外観をきれいにし、その後再度売り出すことによって、買い主がなかなか見つかりにくい物件も購入されやすくなるということが期待できます。

築40年くらいの物件などはすでに古くなっており、設備も古く、水回りなども修理が必要な場合もありますが、そうした物件は不動産マーケットの価格はリーズナブルです。そのため、こうして古くなった物件も安く購入することができれば、リノベーションやリフォームを施すことでより高い価格で再販することができるでしょう。

そして、このようなビジネススタイルを専門的におこなっている業者などもあり、このような物件は物件の質のわりに価格がお得というケースもありますので、中古マンションなどを探している人にとっては魅力的な物件になるのです。

昨今、少子高齢化の進展で住み手が見つかりにくい物件なども増えており、こうした物件は買い手市場の傾向があります。買い手というのはこうしたスタイルの販売を企画する不動産会社などで、このようなスタイルのビジネスを得意とする会社は、住宅を探している人にとって魅力的な不動産物件するために手を加えた後で売り出しているのです。

例えば、徒歩で20分など、駅から少しずつ離れていくと、買い手が見つかりにくいことがありますが、そのような物件でも、リフォームをおこなって魅力を高めると新しい水回り設備を備えた魅力的な物件に生まれ変わらせることができます。

デメリットもある

不動産買取を再販する形態の不動産売却ビジネスが昨今注目されている理由として、さまざまなメリットがあることが挙げられます。このスタイルの物件販売では、すでにリフォームやリノベーションをおこなった上で売り出されているため、再度リフォームなどを施す必要がありません。

したがって、室内を修繕しなければならないということや築年数が古いことがネックになって買い手が付きにくいという状況にもなりにくいです。中古物件はすでにある不動産物件であるため、新築物件と比較すると不利な要素があることが多いといえますが、買取後にリフォームなどをおこなってから売り出しをしているので、事前にそうした点をカバーすることができるため、不動産買取再販企業側はそうした点での影響は少なめです。

そして、購入につながる可能性も高まるという点がメリットですし、内覧への対応も少ないため、売る側としては気楽であるという点もメリットになります。

さらに、すでにリフォームなどがおこなわれているので、家の購入を考えている人は物件が気に入ったらすぐに購入手続きをスタートさせることができます。そのため、会社側にとっても物件が売れることで売却代金が得られるまでのスピードも早いという点も利点で、資金化までのスピードという点で利点があります。

スムーズに取引が運びやすいということも大きなメリットとして挙げられますし、物件を所有して売却をしたい方にとっては不動産会社に買取してもらえますし、少しでも早く物件を売却した後は現金を得たいという物件所有者の方にとっても不動産買取してもらえるので助かるでしょう。

中古物件は建物も劣化しており、少しでも安く中古物件を購入をしたいと考えている方にとってもなかなか買いにくい物件になっているかもしれませんが、この方法であればこうした方法をクリアしやすいですので長所があります。

さらに、仲介手数料をカットできるという点も大きな魅力で、不動産買取再販では買取をする不動産会社が買う側になり、仲介というスタイルになっているわけではないため、仲介手数料不要で取引ができます。

このようにメリットがいろいろとあるのがこのスタイルの不動産売買方法ですが、この方法にはデメリットも存在しており、売却価格が相場より安めになるという点が挙げられます。仲介手数料がないので、会社側にとっては市場価格よりも安めになるという点が挙げられ、不動産所有者がリフォーム代を負担するわけではないため、会社側にとっては不利といえます。

比較してよく検討してから選ぼう

マンションなどを不動産の買取再販会社に売却すると、リフォームなどを負担せずに会社に不動産を買取してもらえるので、すぐに売却をしたい不動産の所有者の方にはメリットがあります。このような会社にはさまざまなタイプがありますので、売却を検討する際にマンションなどの所有者の方がこうした会社を選ぶならどのような点がポイントなのでしょうか。

この点については、まずは会社の得意な物件タイプについて確認をおこなうということが推奨されています。会社ごとにエリアや物件のタイプなどの点で特徴があり、例えば、都内なら実績が多いけれども、地方エリアはあまり得意ではない、マンションに関する取扱いは得だけれども戸建てはそうではないなどがあります。

検討をしてみながら、その不動産会社が多く販売実績がある物件はどんなタイプのものなのかということや売却の価格実績などをチェックしてみるのがおすすめです。実際に家を売るとなると、なかなかこの会社と始めから決められる人はそんなに多くないのではないでしょうか。

まとまった価格がつくものであるため、売却をするとなると所有者側も慎重に検討する必要がありますし、いろんなタイプの会社がありますので事前に情報を集めて比較検討して、より良い売却ができるようにすることが大切です。

 

不動産を売りたいという人にとっては、中古物件はいろいろな点で新築物件に比べると買い手も選びにくいところがあります。価格的な点だけでなく、実際の物件の老朽化などで、よい価格であるにも関わらず売れにくいという状況が出てきています。

不動産の買取後にリフォームを施して売り出す方法であれば、こうした問題がすでにカバーされた上で売り出されますのでメリットがあります。このような方法で不動産を販売する方法が昨今注目されており、今後の少子高齢化の進展などでますます注目されていくでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
横浜の不動産買取業者ランキング!
記事一覧