横浜の不動産買取・売買査定業者を比較ランキング形式でご紹介!【家・土地・建物用地・マンションなどの売却におすすめ!】

不動産買取のスケジュールはどうなっている?

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/25

横浜で不動産業者を利用して不動産買取をしてもらうという際にはそのスケジュールを理解しておきたいところです。スケジュールの違いも不動産業者によってあるものの、基本的にはそこまで大きな違いはありません。

こうしたスケジュールを理解しておけばより安心して不動産業者を利用して不動産買取をしてもらうことができるでしょう。そんなスケジュールのポイントについて詳しく紹介します。

 

不動産買取時のスケジュールについて

不動産買取業者に依頼して実際に買取が終了するまでにはかなり時間もかかってきます。まず、不動産会社に依頼すべきかどうかじっくり検討しておきましょう。

例えば、物件によっては賃貸に出したほうがよいこともありますし、物件をリノベーションしたほうが良いこともあります。他にも不動産業者に依頼に出す際には売り時なのかどうかもポイントです。

時期によっては不動産業者に依頼してもあまり買い手が見つからないなんてことがあります。こうした時期的要因とともに物件の減価償却についても理解しておきたいところです。

実際に不動産業者を利用して買取してもらうことに決めたら不動産業者をじっくりと選んでいきましょう。これには数週間はかけるべきです。よい不動産業者を選べばそれだけ買取もスムーズに進みます。

逆に合っていない不動産業者だと買取に時間がかかってしまってかなり損をシたり結局は他の不動産業者を見つけないさないといけないこともあります。こうしたこともあり、まずは地域で有名な不動産業者をいくつか見つけて相談に行ってみましょう。相談するだけならば基本的に無料ですし、特にこの段階で焦ることもありません。

良さそうな不動産業者を見つけたら実際に見積もりを出してもらうようにしましょう。見積もりを出してもらうのは最低でも3社以上の不動産業者にしてください。一社にしか見積もりを依頼しないと不動産業者を比較するのも大変になってきます。また、不動産業者の見積もり時にはいろいろなことを聞いておくべきです。

見積もり後はなかなか聞きにくくなりますし、大変忙しくなるからです。契約時には契約種別についてもチェックしておきたいところです。契約方法にも専売契約などのようにいろいろなものが選べます。専売契約はかなり制限もあり依頼している期間中は他の不動産業者に依頼するといったことができません。

見積もりを出してもらって本依頼したら実際に物件の調査をしてもらいます。この調査は見積もりを出してもらう前にしてもらうことも。しかし本調査はやはり見積もりを出してもらった後です。この調査では物件の価値を見定めて物件の価格などを決めていくこととなります。

調査は一日で終わることもあれば数週間に渡ることも。これは物件の大きさなどによって変わります。また、物件の調査中は家を不動産業者のスタッフなどが訪れるのできれいにしておくと良いでしょう。

他に土壌調査などが必要となってくることも。所有権が分散しているという場合には所有権者に対しての調査も必要となってきます。特に注意しておきたいのが負債があるケースです。この場合には簡単に調査が終わらずに時間がかかってしまうことがあるので気をつけておきたいところです。

特に任意売却などの際には負債状況によっては依頼を断られることもあります。調査が済んで物件の品定めが終わったら実際に不動産業者のスタッフとどのような価格で売るか、どのような相手に売るかといったことを検討していきます。こうした相談は基本的に不動産業者のスタッフの意見を最大限に参考にしてみると良いでしょう。

自分ではもっと高く売れると思っていてもやはりプロが提示した値段で売るほうが良い結果になることが多いのです。

 

購入希望者が現れるまでについて

実際に売る値段などが決まったら不動産業者に広告などを出してもらいます。これはケース・バイ・ケースですが、基本的に不動産業者のサイトに物件の情報を掲載して買い手がくるのを待つこととなります。

他に不動産業者によっては自社買取をしているところもあります。また、店頭に物件の情報を告知したりすることも。オプション料金を払えば自分の物件の情報がサイトで強調されるなんてこともあるのでいろいろと相談すると良いでしょう。

この後は買い手が来るまで待つ他ありません。一体どのくらいで買い手が連絡してくるかはかなり状況次第ですが、良い物件の場合には掲載して数日で契約が決まるなんてこともあります。

とはいえ、こうしたケースは稀でありやはり数週間はかかってきます。長い場合には3ヶ月経過しても全く連絡が来ないといったことも。連絡が来ても安心することもできません。

下見見学者のほとんどが下見で終わってしまいますから、いくら連絡が来ても全く本契約までこぎつかないこともあります。この間の状況報告などについては不動産業者によって対応が変わってきます。

不動産業者によっては頻繁に連絡してくれることもあれば、あまり連絡してくれることがないことも。このような対応の差はあるので注意して選んでおきたいところでしょう。

 

購入希望者が現れたら

実際に購入希望者が現れたら交渉に移っていきます。価格交渉や条件交渉などが行われますが、こうしたことは不動産業者のプロに任せることができるので安心できます。

また、買い手が横柄な場合には買取を断るといったこともできます。誰に対しても売らないといけないといったこともありません。このような店についても不動産業者の担当者と相談しておくと良いでしょう。

交渉がまとまったら後は所有権移転登記などをして入金確認したら終わりです。これまでにかかる期間は購入希望者がいつ現れるかによって変わります。

平均は2ヶ月から3ヶ月程度ですが、悪い物件の場合には1年経っても売れないまま残ることも。このような場合には早く売るためにも価格を下げるといったことも必要となってきます。

また、不動産業者を変えるのも良いでしょう。しかし、不動産業者を変えるとまた調査なども必要となってきますから手間がかかるのであまりおすすめできないことも。

所有権移転登記をしたら後は引っ越しをしましょう。物件を整理して次に入居する人に気持ちよく利用してもらいたいところです。このためにも、しっかりと物件をクリーニングしておいてください。

これが一連のスケジュールとなってきますが、スケジュールは状況によってかなり変わることがあります。場合によってはいろいろな不動産業者を切り替えることもあるでしょう。

こうした際にはより時間がかかってくるので気をつけておきたいものです。また、不動産買取後に問題となるのが瑕疵についてです。もしも売り渡した後に事前に知らせていなかった瑕疵が発生すると買取交渉が無効になることも。こうしたこともあり売る前の調査などもしっかりとしてもらうことが大事でしょう。

もしも早く売りたいという際にはオークションを利用しておくのもありです。オークションを利用することによってかなり早く売れるといったこともあります。とはいえ、オークションは危険もあるので利用する際には注意して選んでおきたいところでしょう。

 

物件を売る際のスケジュールをしっかり理解しておきましょう。

例えば、物件を売るまでには調査なども必要となってきますし、値段交渉などもあります。もしも売れない場合には物件の値下げをするといったことも大事です。

こうしたスケジュールについても依頼前にじっくりと相談すると良いでしょう。また、早く売りたい場合にはオークションを利用するといったこともできますからこれから物件を売ると行った際には検討しておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
横浜の不動産買取業者ランキング!
記事一覧