横浜の不動産買取・売買査定業者を比較ランキング形式でご紹介!【家・土地・建物用地・マンションなどの売却におすすめ!】

不動産買取には種類がある?

公開日:2019/04/25  

横浜の不動産会社では、様々なサービスが展開されているといいます。その1つが不動産買取サービスで、土地だけでなく、建物も買取してくれます。

そのサービスにはどのような種類に分かれているのでしょうか。依頼すれば売れるだろう、そうした考えでは売れ残る可能性もあるため、事前に情報収集しておきましょう。

 

即時買取という現金化できる方法もある

不動産売却と一口にいっても、広告などを打ち出して販売活動を行い、購入する希望者を募集する【仲介】もあれば、不動産会社が買主になる【買取】という方法に分けることができます。また、不動産買取にも種類があるようで、大まかに【即時買取】と【買取保証】に分けることができるようです。

即時買取という種類を見てみれば、不動産買取会社が査定を行い、価格が決まったら買い取ってもらう流れになっているようです。この場合には、市場価格より安い価格での売却になりがちなのですが、時間もかけずに、即現金が必要となる売主に利用しやすい方法に上げられています。

不動産会社と売主の間での話し合いとなるので、購入する希望者を募集する仲介を利用した場合に比べて、待つ必要がないのは魅力のようです。この即時買取を利用した売主は、急に大金が必要になったり、すぐに住み替えが必要になり不動産の購入資金に充てた、などという声を上げています。というように、すぐに現金化できることが特徴のようです。

しかしながら気がかりなのは、価格に関しての折り合いでしょう。最短で2週間~1ヶ月程で取引が成立するため、スピーディーな対応をしてもらえますが、不動産会社では建物や土地をしっかり査定します。

買い取る物件に関して、リフォーム(リノベーション)などを行い、住環境を整えた状態にしてから買主に売るケースが一般的だからです。その対費用を加味した価格が提示されることが多く、安く叩かれることもあるかもしれません。ですが、即決したいのならば、売れ残るリスクや手間を請け負ってもらえる対価、そう考えれば納得せざるを得ないことではあります。

特に、中古の一戸建てやマンションの価値を正しく査定できない不動産会社の存在も耳にします。あるいは何かしらの悪知恵が働き、会社の利得のために低い価格で買い取られてしまうといったことも無きにしも非ずです。

中古だから売れない、即時売却ではこの中古査定に難点もあります。だからこそ、事前にリフォーム(リノベーション)を行って、修正しておくといったことも必要かもしれません。その方法でならば、市場価格との差も縮まるのではないでしょうか。

ちなみに、住宅ローンの返済期間中であっても、残りの分について不動産会社が金融機関と交渉を担ってくれるようですし、住宅ローンとリフォームローンの組み合わせにより負担も少ないようです。

不動産買取価格が安め設定であるのは、何も手間賃というだけでなく、仲介手数料が発生しないから、という差し引きも理由のようですが、メリットのほうが圧倒的に多いようで、先に述べたように住み替えが必要になれば、いつになるか分からない仲介での取引よりも新居の計画も滞りなく進むのではないでしょうか。

市場価格を意識するならば、太陽光発電パネルの導入、並列駐車場などの不動産評価を上げてみることも一法です。また、即時買取であれば、人に言えない事情があり、絶対に知られたくない場合もあるでしょう。横浜のみならず、全国版での販売活動が行われることがないので、安心して取引ができます。

 

買取保証が付いている仲介を活用

不動産買取の種類として買取保証という方法がありますが、横浜の不動産会社で最も提案されているものです。仲介で不動産販売を一定期間行うのですが、不動産によって期間内に売れない場合もあります。そうした場合には、あらかじめ契約していた価格で不動産会社が買い取ってくれる流れになっています。

特徴としては、確実に売却できるのですが、何かしらの期限を設けているのであれば、それまでには必ず売却できるのが買取保証を付帯した仲介の選択です。買取保証は一定期間、広告などの販売活動を行わなければならず、すぐに現金化には向いていないようです。

ある程度時間を要しますが、市場価格で売却できる可能性大です。特にこの買取保証が向いている不動産というのは、横浜でも需要増となる新築や築年数が浅いマンションで、後からリフォーム(リノベーション)などの手を加える部分も少ないため、不動産会社にとっても利益が得られやすいようです。

また、利用していない不動産がある場合にも向いています。というのは、思っていたタイミングでの資金を得ることが難しく、販売活動をするために近隣の住宅に販売用チラシも配布されます。空き家であったり相続したものの住まいは別にある場合には、噂になっても生活に影響が生じません。

もちろん、売却できない間というのは、管理費や修繕積立金、固定資産税などの諸費用が発生しますから、横浜でも好立地にあり、なおかつ利用していない不動産があるのなら、販売活動にてすぐに契約が成立するようです。

 

断られる可能性を考えた方法もある

横浜の不動産買取には2種類があることを理解できたとして、あまりに老朽化・損傷が激しい不動産であれば、即時買取でも買取保証を提案する不動産会社でも、断ることもあるようです。そうした場合には、どのような方法を取るべきなのでしょうか。

例えば、1度取り壊してから再建築後に売却してみたり、横浜ならば土地のみでも売れる時代ですから、諦める前に最善を尽くしてみましょう。どの方法・種類にしても、価格を高く見積もってもらうことがポイントになるのではないでしょうか。

不動産買取でも様々な種類、用地に関して強みを持つ不動産会社があります。一戸建てに特化していたり、商業地に関して強みがある、といったような偏りがなく、あらゆる土地や物件を扱えるだけの能力がある不動産会社を選びましょう。

そうすれば、少々問題のある不動産に関しても、買取を受託してくれる場合もあります。難ありに関しても不動産買取を掲げているところを選び、相談してみましょう。先に述べたように依頼に応えられずとも、どうすべきかアドバイスしてくれる傾向にあります。

ちなみに、等価交換という種類も提案されています。この場合、資金不足であったり、価値が差ほどないという場合でも利益を得られる可能性があり、お金のやりとりではなく、不動産と不動産のやりとりになります。

具体的には、所有者の持つ土地を不動産会社が受け取る代わりに、不動産会社が権利を持つ一戸建てやマンションを譲る内容です。現金化より高い価値が得られる可能性があり、いわゆる資産価値に相当します。

特に中古マンションなどは、経年による劣化の影響によりその価格が下がりやすいものですから、正しい価値を判断した上で、希望者が望む形に応えられるように提案してくれるのはメリットではないでしょうか。

 

横浜は、土地や建物の価格も高め傾向です。しかし、誰もが購入するだけでなく、売却することもあります。

そうした場合には、不動産買取の種類を選ぶことが必要です。どのようなメリットやデメリットがあり、どんな売主に向いているのかなど、異なる面を比較や検討すべきです。

即時であれば現金化もスピーディーですし、保証付きならば価格に満足ができます。そうしたアドバイスも含めて、横浜には不動産買取に特化した不動産会社が数多く展開しています。

おすすめ関連記事

サイト内検索
横浜の不動産買取業者ランキング!
記事一覧