横浜の不動産買取・売買査定業者を比較ランキング形式でご紹介!【家・土地・建物用地・マンションなどの売却におすすめ!】

株式会社フレキシブルの口コミや評判

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/05/11


株式会社フレキシブル
住所:東京都台東区東上野1-15-2 エムビルⅡ3階
TEL:03-3832-7077
受付時間:10:00~18:00
定休日:土日祝日

全国に展開している幅広い対応力と物件の運用を強みとしている株式会社フレキシブルは、10億円まで翌日決済でき、すぐに物件を買い取ってくれるのが特徴です。すぐに不動産を売却したいと考えている人もいるのではないでしょうか。そこで今回の記事では、スピーディーな対応と物件買取を得意としている株式会社フレキシブルの特徴について紹介します。

訳あり物件まで積極的に買取

株式会社フレキシブルでは通常物件だけでなく、訳あり物件まで積極的に買い取ってくれます。
それでは、どのような物件を買い取ってくれるのか確認しましょう。

ローン流れ物件
ローン流れ物件でも、株式会社フレキシブルでは買い取ってくれます。住宅ローンの事前審査に通った後に戸建てやマンションの物件購入手続きを済ませ、本審査で審査に通らなかった場合、その物件をローン流れ物件と呼んでいるのです。そのようなローン流れ物件でも、積極的に買い取ってくれるのが株式会社フレキシブルの特徴のひとつといえるでしょう。

債務整理物件
株式会社フレキシブルでは、債務整理物件も買い取ってくれます。債務整理をする際、所有している不動産がある場合、該当する物件を売却して債務を整理しなければなりません。そもそも債務整理とは借金の金額が膨れあがり、多重の債務を抱えてしまったときに債務者を再生させるための方法のひとつです。もちろん債務整理の段階で、不動産を所有している場合はその物件も債務整理の対象となります。そこで対象になった物件を債務整理物件と呼ぶのです。債務整理物件もスピーディーに買い取ってくれるのが、株式会社フレキシブルの魅力的なポイントといえるでしょう。

再建築不可物件
再建築不可物件とは、新築の家を建てることができない土地のことをいいます。そのため、既存の建築物をそのまま使用するか、更地にして使用するしか方法がありません。しかし、一度更地にしてしまうと、新たに物件を建築できないのです。また、再建築不可物件になる理由として多いのが、建築基準法題2条の「幅4m以上の道路が2m以上接している敷地でなければ建物が建てられない」という条件をクリアできない点となっています。そのため、再建築不可物件は買い取り手がつかないことが多く、困っているオーナーも多いようです。しかし、株式会社フレキシブルでは他社では買い取ることができない再建築不可物件でも、しっかりと査定を行い、買取に対応しているのが特徴的でしょう。

瑕疵物件
瑕疵物件とは通称、事故物件ともいわれています。事故物件とは、入居者にとって何らかの心理的瑕疵のある物件のことを指しているのです。たとえば、該当の物件または近隣の物件、施設内において何らかの事件や事故などが発生し、入居者を精神的に不安にさせてしまう可能性がある物件が該当します。しかし、不動産売買や賃貸契約においても、事故物件の場合は重要告知事項として、過去にどのようなことがあったのか明記しなければならないという決まりがあるのです。

また、物件の近くにゴミ処理場や下水処理場がある場合も瑕疵物件として認定されます。通常であれば、このような瑕疵物件や事故物件はすぐに買い取り手が見つかるものではありません。なぜなら、市場価値が下がってしまっているためです。しかし、株式会社フレキシブルでは独自の自社運用ノウハウを持っているため、瑕疵物件や事故物件であってもしっかりと査定して買い取ってくれます。

既存不適格物件
既存不適格物件とは合法的に建築された物件であっても、都市開発や都市計画変更によって現行法に不適格な箇所が出ている物件のことを指します。現行法に不適格だからといって、罰則があったり罰金があったりするわけではありません。しかし、住宅ローンの審査において融資が受けられなかったり、建て替えやリフォームが難しかったりすることがあります。そのため市場価値が下がってしまい、買い取り手が見つからないことがほとんどです。また、買い取り手が見つかった場合でも、金額が下がっている場合が多いでしょう。しかし、さまざまな物件の買取の実績がある株式会社フレキシブルでは、既存不適格物件でも買取に対応しています。

空きビル
使用されていないビルも買い取ることができます。たとえば、デパートや商業ビルなどの大規模店舗やテナントオフィスビルなどの買取にも対応しているようです。それでは、なぜ空きビルは売れないのでしょうか。空きビルが売れない理由は複数ありますが、スペースが小分けすぎたり、荒れ果てており修復に費用がかかりすぎてしまったりすることが主な原因です。そのため、テナントを募集しても入ってくれる店舗がなかなかなかったり、リノベーションに費用がかかりすぎてしまったりするため、なかなか買い取り手が見つからないといわれています。しかし、多くの実績がある株式会社フレキシブルでは空きビルも買い取ることができるのです。

安心の実績

株式会社フレキシブルは全国に対応しており、10年間で100棟以上の実績があります。信頼と実績があるため、個人だけでなく法人からも買取依頼が多くあるのが特徴です。たとえば、某仲介業者からの依頼では、顧客との売買契約が直前になってキャンセルされてしまい、物件の売却ができなくなってしまったという実例があります。

その際、株式会社フレキシブルに相談したところ、即日現金決済にて買い取ってもらえたようです。さらに、個人オーナーからの依頼についても、なかなか売れない物件があり困っていると株式会社フレキシブルに相談したところ、即日現金で買取に対応したという実例もあります。これらのように、株式会社フレキシブルでは多数の実績があり、信頼と安心感が高まっているのが特徴です。

スピーディーな買取

さらに、株式会社フレキシブルの最大の特徴としてスピーディーな買取に対応できるところです。
それでは、スピーディーな買い取りの流れについて紹介します。

お問い合わせ
まずは電話やメール、お問い合わせフォームから株式会社フレキシブルに問い合わせましょう。その際は物件の概要を伝えて、必要であれば詳細資料を提出します。そして、一旦机上査定をしてもらってください。

現場で物件を査定
そして、現場にて物件の詳しい査定を行います。たとえば立地や外観、内装など物件の細かい状況を確認して、正式な買取金額を査定するのです。実例にあるのが、査定金額が2億円の8部屋のファミリータイプの社宅の場合、調査の結果24部屋のワンルームにフルリノベーションすることを決定しました。フルリノベーションにかかる費用が8,000万円なので、実際の買取金額は1億2,000万円ということになります。現場で詳細を確認して、すぐに物件の買い取り金額を出してくれるのが特徴といえるでしょう。

契約と同時に全額現金で決済
通常、物件の買取決済は、手付金と残金に分けられるのが一般的です。そのため、すぐに現金化できないと悩んでいる人も非常に多いといわれています。しかし、株式会社フレキシブルでは現地査定の翌日には、現金で全額支払うことが可能です。このスピーディーさが株式会社フレキシブルの最大の特徴ともいえます。

 

全国に対応している株式会社フレキシブルは、10億円まで即日決済できるのが特徴です。さらに築古物件や再建築不可物件、瑕疵物件でも買い取りに対応しているため、どのような物件でも安心して買取を依頼できるでしょう。不動産のスピード、訳あり物件の買い取りに強いのが株式会社フレキシブルの特徴なのです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧